一般社団法人 大阪府中小企業診断協会 知的資産経営研究会

自社の強み「知的資産」をしっかり把握し、徹底的に活用 中小企業の経営活性化を支援します

分科会活動について

知的資産経営研究会では、知的資産経営に係るさまざまな分野のスキルを向上させるべく、分科会活動を実施しています。研究員の方は、これらの分科会活動に自由に参加することができます。支援スキル向上のための研鑽の場としてぜひ積極的にご参加ください。

場づくり・ヒアリング手法分科会(略称:ヒアリング分科会)

1.目的

ヒアリング手法・場づくりに関するノウハウを、形式知として共有する

知的資産経営支援のプロセスでは、支援者と依頼者(クライエント)のコミュニケーションが成果に大きく影響します。ヒアリング手法や場づくりに関する本の輪読や、ロールプレイング、例会等での発表を通じて形式知として共有します。その過程を通じて分科会参加者および研究員のヒアリングスキルを底上げし、ひいては支援の質向上につなげます。

2.実施形態

月1回開催(Facebook非公開グループにて調整の上決定)

3.代表者及び窓口

代表者:原 一矢
窓口:原 一矢
問合せ:Facebook Messenger やメールでご連絡ください。

IT活用分科会

1.目的

IT活用分科会では、近畿経済産業局のホームページで開示されている知的資産経営報告書を題材にして、情報資産やIT活用という切り口で研究する活動を行っています。各回、1社の知的資産経営報告書を読み、メンバーそれぞれの気づきや学びをディスカッション形式で共有し、知見を高めあっています。

ローカルベンチマーク・経営デザインシート分科会

1.目的

ローカルベンチマーク・経営デザインシート分科会では、企業の経営状況の把握や将来の方向性に対する理解を助けるツールの活用方法について研究する活動を行っています。例会では、ロカベン(ローカルベンチマーク)や、経営デザインシートの活用に関するトピックについての情報交換やディスカッションを行っています。例会以外にも会合の場を設けて、実際の企業に関する研究や、実践的なワーク等を通じて経営支援における対話に関する理解を深めています。

私の知的資産経営

1.目的

「私の知的資産経営」分科会では、それぞれのメンバーが培ってきた知的資産経営論や、取り組みたい課題・展望などを自由にテーマ設定して、知識共有とスキルアップを図っています。
各回、1名が持ち回りで発表し、ディスカッションします。議論が盛り上がれば、同一テーマや派生テーマの掘り下げを追加で行うなど、メンバーの学びたいことを優先して運営しています。

なお、年末頃からは2017年の当分科会が取り上げたテーマから昨今の経営環境に照らして特に重要なテーマを選ぶ、または新たな視点から再構築して取り組むことを計画しています。

(過去の発表テーマ)
「価値ストーリーをジョブ理論で考える」
「『ブランド価値』経営と法律との結び付けを考えてみる」
「知的資産の考え方を政治家ツールに応用したら ~政治家パンフレットの作成~」
「読書と知的資産経営」
「世界標準の経営理論」

2.実施形態

月次の研究会例会の中で実施

3.代表者及び窓口

代表者:鷹津 俊一
窓口:鷹津 俊一
問合せ:メールでご連絡ください。

投稿日:2020年5月8日 更新日:

執筆者: